スポンサーサイト

0
    • 2013.06.05 Wednesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    過去をさかのぼるぅ(亀井伸一郎)

    0
      皆さん事件です!
      いやはや、僕です。

      僕はね、結構自分の顔って変化してるなぁと思ってたんですよ。意識の中では。
      でも昨日昔の写真が出てきて。びっくりしました。マジか、と。
      別人です。衝撃です。今の顔を鏡で見ました。おっさんです。おっさんじゃないですか!

      皆さんに亀井君はまだまだ若いよ!と言われますが、老けたのだな(というか別人)とショックを受けております。それがこれです。



      大学生の僕です。はい。僕なんです。



      今の僕です。


      一年前です。金髪のほうです。

      120426_0133~001.jpg

      半年前です。


      四年前くらいです。


      つまり何が言いたいかってと。
      9月16日(日)15時30分開演の男肉 du soleilの「男肉フェスティバル〜no more war〜」
      にカメハウスとして亀井と元団員の北山と星村とともに出演いたします!!
      場所はインディペンデントシアター1stです。男肉の公演詳細載せておきますね!!


      大長編 男肉 du Soleil 『団長のビバリーヒルズコップ』

      ストーリー

      団員達は知らない団長の過去がある。
      それは、アメリカのビバリーヒルズ時代のお話。
      麻薬シンジケートの動きを察知した団長は、仲間の刑事達と共に一斉検挙を狙うがそれはメキシコの麻薬王の仕組んだ罠であった。団長の独りよがりなプレイにより相棒のアクセル刑事が殺されてしまう。団長は失意の中日本に帰り男肉duSoleilを作る。
      そんな中、メキシコの麻薬王が巨大な取り引きをビバリーヒルズで行うとの情報を聞きつけた団長は……?

      出演:陰核 江坂一平 小石直輝 城之内コゴロー すみだ 吉田みるく
      チェン(※まれに出演する場合があります)
      石田剛太(ヨーロッパ企画)
      中村優

      【チケット】 受付は開演の60分前・開場は開演の30分前
      〔一般〕前売2,500円 当日2,900円
      〔学生〕前売2,000円 当日2,500円
      〔男肉飛び散る席〕前売2,000円 当日2,500円
       ※最前列・最も間近で出演者と触れ合えます
      〔絶対安全席〕前売・当日3,000円
       ※最後列・このエリアには出演者は立ち入りません
      (全席指定・未就学児入場不可)

      【公演】 
      ≪大阪≫ 
      9/14(金) 19:30★
      9/15(土) 13:00 / 19:00
      9/16(日) 13:00 / 15:30◎ / 18:00
      9/17(月) 13:00
      ★印の回は「おまけトークショー」あり ゲスト:ヨーロッパ企画メンバー
      ◎印の回は「男肉フェスティバル〜no more war〜」
      前売・当日 1,500円(Lコード:54753)(Pコード:422-427)

      「男肉フェスティバル〜 no more war 〜」は団員ソロ企画の他、
      ゲストをお招きして歌ありダンスありラップあり何でもありの60分間。
      登場ゲスト決定しました!

      亀井伸一郎(カメハウス)…前回の男肉フェスティバルに引き続き、「カメハウス」主宰が再び登場!!他、出演に北山貴靖、星村彰

      クリ企画…団員陰核による危険なコントの第四弾をお届け!!

      O・D・A・・・お笑いコンビ「変ホ長調」としてM-1準決勝に出場、またピン芸人としてR-1ぐらんぷり2005年・2006年・ 2008準決勝にも出場されているO・D・Aさんが前回に続き「男肉フェスティバル〜no more war〜」に出演してくださいます!

      ロータウン・・・同志社大学喜劇研究会出身の元芸人・岡村と、大阪で活躍するお笑い芸人・いせむらの漫才ユニット。ヨーロッパ企画のイベントのスタッフ同士として出会った二人が、2012年のGWに行われた『ハイタウン2012』の打ち上げの余興のために結成。小太りならではの安定感で、男肉フェスティバルを盛り上げることができるか?

      〈会場〉 in→dependent theatre 1st
      大阪市浪速区日本橋5-12-4
      大阪市営地下鉄・堺筋線 恵美須町駅 1B出口 左手徒歩1分

      です!!10分くらいの作品をお届けします。カメハウスの歴代男三人衆でわちゃわちゃします。見に来てやるぜ!って方はカメハウスメールかもしくは男肉さんのHPで予約してください!

      カメハウスメール kamehouse0806@gmail.com

      男肉HP      http://oniku-du-soleil.boy.jp/

      ではでは!劇場で会いましょう!!


      本当の気持ちは言葉で表せない(亀井伸一郎)

      0
         八月が終わってしまいましたね。
        どうも、僕です。


        最近はアリスの本も読まずに村上春樹の「海辺のカフカ」を読み。(ぽるんに怒られる)
        アリスの本も読まずに国際演劇交流セミナーに行ってギリシャ喜劇について語り合ったりしてます。(ぽるんに怒られる)

        ぽるんに怒られる事ばっかりしてるんですけど、半月後にイベントの参加が決まったり(またお知らせします★)10月に日替わりゲストでとある劇団に亀井がお邪魔する事が決まったり(またお知らせします★)
        ぽるんに怒られそうなので、しっかり台本を書いていきたい所存でございます。


        それはさておき、国際演劇交流セミナーがえらい大変で日々悩んでる。
        いや、本当に普段自分の好きな事やって、やり易いようにやり易いように演劇やってたんだなと。いや、それが悪いわけではないけど、たまにはこうして自分の中に無い手法や感性に触れるのは凄く刺激的だなぁ、と思ってます。
        僕は自分の中の思考が完結するまで口に出さないので、かなり無口キャラになりがちなんですが、喋らないと振られます。そして喋ります。時間が決まっています。自分の考えを時間内で相手にわかりやすく伝える。難しくて喋ってる間中阿修羅みたいな顔になります。阿修羅みたいな顔とはよく言うけど、阿修羅のどの顔なのかね?怒ってるやつかな?多分そうよね。だとしたらそんな顔はしてないので、阿修羅みたいな顔ではないですが、顔の表情作る余裕もありません。

        このセミナー自体、何も考えなければただのギリシャ喜劇討論会やん!って思って演出ってのは知識じゃないねん!って思いがちですが、思考の柔軟性と脳内の情報や映像の伝え方を広げれる場所だなと思います。今の僕には凄く刺激的な場所です。
        普通に演劇やってても誰もこんな事教えてくれませんものね。教えるものでもないと思うし。
        こういう場所があって、そういうのを求めてる人がセミナーに来て、自主的に話をする。そして思考する。それによって新しい刺激が生まれてる。面白いです。


        今は亀井はこういうのを欲してる時期なんだと思いますね。活字と知識と手法。そして世に芸術的と評価されているものを見たり聞いたり触ったり味わったりする時期。
        それが落ち着いたらまたサブカルに走ろうと思います。

        そして、その味わったものを全てアリスに出していきたいですね!
        活字や芸術的なものに触れておいて、アリスは脳みそ空っぽになるほどの爽快サブカルエンターテーメントですけどね!!多分!



        さて、もうそろそろ寝ます。
        実を言うと「海辺のカフカ」を読みきって興奮して寝れなかったのでブログ書いてました。汗
        まだ寝れる予感は全く聞こえてこないのですが、寝る努力をするために布団にもぐろうと思います。夜が明けてカラスが鳴き始めると「あ!カラスの少年だ!!」とかなってテンション上がるので、そうならない為に早く寝ることにします。

        では、おやすみなさい。

        劇王終わり、夏わずか、最後の最後で風邪を引く(亀井伸一郎)

        0
          お久しぶりです。
          劇王応援してくれた皆様、ありがとうございました!周りの同年代は色んな賞を獲っていくが未だに全く賞が獲れない男。

          どうも僕です。

          いやー、難しいですね。まあ賞獲れなくても帝王なら無冠の帝王と言えますが、帝王ではないのでただの無冠です。しかしまだまだ三年目。もっと精進していきたいと思った矢先に風邪引いてました。
          蝉川みたいになってました(劇王の作品「蝉の羽」の主人公)「風邪、か・・・」ってなってました。


          劇王では収穫が多く、というか最近作品の作り方がだいぶ変わってきたので次のアリスが楽しみでしゃあないです。今回は一人の役を台詞、行動(ト書き)、心情(行間)と三つに分け三人の役者がそれぞれを演じました。一人だけど、一人の別の部分を担当する事によって、もっと詳細に人物の細部に目がやれるのではないかと思い。

          しかし、やってみると結構難しく。審査員の方々には中途半端だったとお言葉を頂きました。
          言われてみると納得です。言語と運動を半分の割合で作っていたのでやりたい事がバラケタのかもしれません。太陽族の岩崎さんには「perfumeみたいで綺麗だったけど、綺麗過ぎた」と、それならもっと機械的に淡々とやっても良かったのではないかと。
          この辺りが僕の甘さだ、と思いましたね。



          カメハウス初期の頃はお客さんの事を全く考えずに好きな事やっていました。
          最近はお客さんの事考えすぎて表現が見やすくなりすぎている。エゴを感じないと。
          お客さんに理解させる仕組みを作る事と作品の表現の突きぬかせ方は違う所に存在するんだなと言う事を感じました。この二つを意識しながら作る。果てしなく答えが出なさそうですが、今はとにかく経験です。
          色々やってみようと思いました。


          そんな中、劇王の会場で「亀井君、今度ドイツの演出家来てなんやかんややるからおいでよ!」
          と言われたので今日から一週間演出家の為のブレーンストーミングとかいうやつに行って参ります。
          三日前から風邪に苦しみながらギリシャ喜劇「アカルナイの人々」を読んで演出プラン考えてました。

          公演が決まってない作品の演出を考えるのは初めてなのでオモシロです。
          送られてきた書類を見る限りでは、話し合いをするみたいですね。演出について、作品について。大丈夫だろうか。。。
          場所はスタジオ315という所。一番怖いのは、全日程一般公開します!というのが書いてある。そうか、見られるのか。大変だ。

          つまり一般の人が見て、「あ、あいつ亀井じゃん。え?なに?何いってんの?ちょーおもんないんですけど。うわ、あんなやつが作る舞台とかぜってーおもんないじゃん、ぐへへ。」とか思われる可能性があるということですよ。危険です。
          一週間もあるのでね。一週間あれば人間ボロも出ますよ。


          まあ今日は初日なのでとりあえず自己紹介でしょう。はい。
          一日目の話し合いタイトルが「ちょっと、広げてみようか。」なんですよね。何を広げられるのか、少しワクワクします。大人の人に広げてもらいにいってきます。


          一瞬石田PのLINX'Sかと思いました。



          最近は夕焼けも


          朝焼けも綺麗です。



          夏が終わる前に痩せないと冬が怖い。
          アリスではダイエット企画をぽるんと勝負します!でもぽるん太ってないのにあれ以上痩せたら大丈夫かなと思ってますが、ダイエット勝負やるので、また詳細は後日!!

          ではでは!


          夏、終わるよ!(亀井伸一郎)

          0
            暑い日が続きますね。しかし、今年は爽やかな暑さに感じるのは僕だけでしょうか?


            どうも僕です。



            リチャードも終わり、最近は香川にもうどんを食べに行き。

            即効渋滞

            こういうフィギュアです。

            芸能人と撮れるプリクラ、みたいな。

            シルエットになるはずだった写真。

            僕のお父さんです。

            スパイダーマンです。

            ふへ

            よくわかんない




            まあ、写真は他にもあるし他にも人いたんですけどね。事務所の都合でNGです。うどんです、あ、嘘です。うどん食ってる写真は載せませんね。なんか、アレだし。ね。

            今年は結構忙しいので日帰りでスパッと遊んできました。本当は沖縄とか行きたいんですけどね!
            まあ、芝居がいっぱいあるので楽しいです。


            そうです。次は劇王って言うコンペティション?とかなんちゃらに出ます。
            15分の短編の大会っぽいです。勝てば全国大会があるらしいです。
            8月の22日にドーンセンターで本番です!
            【日時】 8月22日(水)15時〜
            【場所】 ドーンセンターパフォーマンススペース
                  大阪市中央区大手前1−3−49   最寄り駅 天満橋駅
            【料金】 無料 入退場自由
            【出場者】  笠井友仁(エイチエムピー・シアターカンパニー) 
                   亀井伸一郎(カメハウス)             
                   河瀬仁誌(劇団ZTON)            
                   黒川猛(THE GO AND MO'S) 
                   芝田聖月(プラズマみかん)        
                   鈴木友隆(ともにょ企画)          
                   高間響(笑の内閣)   
                   谷口はるか(悲願華)
                   中空よおい(集団&&&) 
                   西史夏
                    増田雄 
                   三名刺繍(劇団レトルト内閣) 
                   南陽子(劇団大阪新撰組)

            です!
            カメハウスは女の子三人で挑みます!
            タイトルは「蝉の羽」

            左から 笹暮とと(演劇研究会はちの巣座) 大牧ぽるん(激団しろっとそん) 宮崎真澄

            稽古場でケーキとか食べちゃいます!

            こんなシーンは、あります!

            ぽるん昇天!!

            「先生!この問題がわからんでげし!」


            「私に惚れる事を…許可する!」




            という感じの稽古風景です。まだ二日しかしていないので写真が全く無いのでごめんなさい。
            まあ、こんな感じでやってますので平日の昼間からですがお時間ありましたらふらっと見に来てやってください!!予約不要らしいので★

            あ、あとカメハウスHPないと困るな〜と思ってたんで簡易的ではありますが銀河の時に特設サイトで使っていたやつをカメハウスHPにします!!


            情報とか載っけていくので見てやってくださいな〜★
            ではでは!



            リチャード三世終わり!!写真もあるよ★

            0
              NPO法人TOYBOX演劇プロデュース第一弾「RICHARD掘廚鰐技終了いたしました!
              ご来場、ご声援誠にありがとうございました!!!




              今回は初のカメハウス以外の演出と言う事で、凄く大変でした。
              ブログ更新も全然出来て無くて本当にすいません。。。でも、作品は良いものが出来たと思いますし、演出家としても新しい発見が色々あった公演でした。
              なにより、こんなに多くの刺激的な役者陣と一緒に作品作る機会なんてそうそうあるわけじゃないので、凄く充実していました。


              初めての事ばっかりなので、凄く役者やスタッフさんに迷惑かけましたが皆さん優しいので助けていただきました。ほんと、この公演は一人じゃ出来なかった。
              演出家として作品を作ると言う事の大変さを知りました。今まで役者もやってたし、代表でもあったので色々な事に注意が向いて作品をじっと見続けると言う事が出来てなかったんだなぁと。

              作品は出来上がってからが勝負。もっと魅力的に。もっと刺激的に。課題はまだまだありそうです。
              でも気づけてよかったです。カメハウスだけやっていると気がつけませんでした。
              そして、芝居の魅力にも気づきました。役者の演技が僕の書いた作品の範疇を超えた時、僕はどうしていいかわかりませんでした。


              今までどんな芝居を作っても、僕の予想を超える事はありませんでした。
              でも、今回は役者の思考が僕より深く。作品の色がグングン変わっていきました。それでも良いところもあったし、ダメなところもあった。それの手綱を引くのが凄く大変で、ああ、演出ってこういう事かと思いました。


              特に主役の堀江勇気さんは僕の大学時代の先輩なんですけど、凄く自分の演技プランを持っていていつも違うものを投げつけてくれるので、必死に食らい付きました。もう大変。
              打ち上げでも色々言ってくれて、今の自分の一番突かれたら弱いところを、ものっそいぶち抜かれたので打ち上げで泣いてしまいましたね。先輩に泣かされました。

              今回も銀河同様平日だったので、見れなかった!という声も聞いていますので舞台の写真を上げていきたいと思います!!
              どうぞ!!!












































              という事でブレてるのはご愛嬌と言う事で。
              写真枚数多いので抜粋しました!



              本当に刺激的ないい公演でした!!次回は劇王!そして、カメっとそんでアリス!!
              大きいホールで効率的にやることを覚えたので、それを地盤に置きながら暴れまわってやろうと思います!!!

              ではでは!本当にありがとうございました!!!!



              一人芝居トライアル新しい発見ありがとうぽるん。

              0

                INDEPENDENT:12トライアル 大牧ぽるん(激団しろっとそん)×亀井伸一郎(カメハウス)
                「あたまやま!〜ゲコクジョウの夜明け〜」は終了しました。ご来場ありがとうございました!!


                本選には行けませんでしたが、僕は凄く良い経験させてもらいましたのでほんとありがたい気持ちでいっぱいです。特にぽるんには感謝しかなくて、演出家として成長させていただきました。ありがとうぽるん。
                一人芝居というものを見たことも作った事も無かったので、今回見るかどうか迷ったのですが今回は見ずに挑みました。

                僕の演出では珍しく照明や音響は質素に、キッカケも少なく、役者のぽるんしか目が行かないように邪魔な演出を一切排除しました。
                お客さんの中にも書いていただいた人もいますが(やはりバレルのですね 汗)今回話の流れ、構成を考えてはいません。ぽるんをどうやったら魅力的に愛島(今回の役)に出来るか。それしか考えていません。

                作はぽるんだったのですが、ぽるんの考えてきた台詞のほとんどを動きと表情と心の動きのみに集中させました。そしてぽるんには付きっ切りで役者の本番までの作りこみを徹底しました。
                ぽるんの吸収力は素晴らしく、本番には目や仕草、表情全てがぽるんではありませんでした。


                僕はしろっとそんを見ている時、いつもぽるんはどこかぽるんだなと思っていました。自分が少なからずどこかにある。団長である自分がどこか舞台を見ている。それはそれで魅力もあります。
                僕もずっとそうでしたし、そうあります。
                でも僕はマクベスの時に何も考えず役に没頭しました。そうしたら周りの人に超助けてもらう結果になりましたが・・・。

                でも、それが僕は凄く良い経験になりました。
                ぽるんにもその経験をして欲しかった。いつも、劇団のこと、団員の事、お客さんの事、色々考えている自分を捨てて欲しかった。


                本番のぽるんを見てやっぱりぽるんに対して演出の全てを注いでよかったなぁと思いました。
                良い役者だなぁと思いました。舞台の上の狂気と不安と愛と喜びに溢れた愛島になってるぽるんは綺麗でした。目はラリってましたし、髪もボサボサでしたが凄く美しかったです。


                少し暗い印象の話になってしまいましたがこの作品で勝負して良かったです。
                トライアルは明るい話のほうが通りやすいとは聞いていましたが、自分の舞台は曲げずに表現したかったですし、なによりぽるんが書いてきたこの作品で勝負したかったのです。
                変に明るくせず、この作品の本質を素直に表現したかった。

                勝負には負けましたが、作品としては素晴らしいと思っています。



                またぽるんとはタッグ組みたいと思います。今度は僕が書いて。
                それまでにぽるんに振られない様に演出家として精進します。



                やればやるほど舞台は楽しく、難しく、魅力的でございます。
                魂を奮わせる、心を満たす芝居をこれからも作って生きたいと思います。

                ありがとうございます。ありがとうございます。

                亀井の近況。(亀井)

                0
                  カメハウスとしては最近そんなに活動してませんが、 亀井が演出としてちょこちょこ参加している作品がありますので宣伝します☆



                  まずは!!!

                  トイボックス演劇プロデュース第一弾
                  「RICHARD掘
                  原作 W・シェイクスピア  脚本・演出 亀井伸一郎(カメハウス)

                  亀井が演出として参加しています。カメハウス主催の公演ではありませんのでいつもと少し違う亀井演出を体感できると思います。

                  ■出演者■
                  堀江勇気
                  谷屋俊輔(ステージタイガー)
                  西出奈々(彗星マジック)
                  本間広大(ドキドキぼーいず)
                  玉一祐樹美(京都ロマンポップ)
                  竹田朋世
                  上島彰悟(自由劇場)
                  鴇田直也(劇想からまわりえっちゃん)

                  ■アンサンブルキャスト■
                  宮崎真澄
                  浜崎正太郎(カメハウス)
                  井上誠
                  他…

                  ■場所■ 門真市民文化会館ルミエールホール 小ホール
                  〒571-0030 大阪府門真市末広町29番1号  京阪電車「古川橋駅」下車南へ徒歩5分

                  ■料金■
                  前売:2500円 当日:2800円 学生:1800円

                  予約は始まっております!カメハウスメールへ【氏名】【連絡先】【日時】【チケット枚数】を明記の上、ご予約ください☆
                  kamehouse0806@gmail.com



                  リチャード三世を演出します。カメハウス主催じゃないのでいつもと違う作り方をしています。その辺もお楽しみください!!
                  そして次は


                  インディペンデントシアター一人芝居トライアル
                  INDEPENDENT:12トライアル

                  劇団しろっとそんの大牧ぽるんが作・役者、亀井が演出で参加します!!
                  イメージをみつもりに撮っていただきました!!


                  【参加ユニット】
                  7/10(火)二次審査ユニット
                  ●上田耽美
                  ●江本祥(ミジンコターボ)×片岡百萬両(ミジンコターボ)
                  ●大牧ぽるん(激団しろっとそん)×亀井伸一郎(カメハウス)
                  ●GA-Ko(劇団野風増)
                  ●岸★正龍×にへいたかひろ(よこしまブロッコリー)
                  ●辻野加奈恵(チャイカ)×外輪能隆(evkk)
                  ●林裕介(劇団自由派DNA)×谷口はるか(悲願華)

                  7/11(水)二次審査ユニット
                  ●浅田武雄×青木道弘(ArtistUnitイカスケ)
                  ●イトウエリ(手のひらに星)×勝山修平(彗星マジック)
                  ●おはぎ(プロジェクト俺の穴)×あんこ(プロジェクト俺の穴)
                  ●黒川猛(THE GO AND MO'S)
                  ●桑原孝史(東京ガール)×上崎陽介(東京ガール)
                  ●斉藤まりえ×オノマリコ(趣向)
                  ●ピンク地底人2号(ピンク地底人)×山本正典(コトリ会議)

                  亀井と大牧ぽるんは10日の出演です。

                  【開演時間】
                  7/10(火) 19:00
                  7/11(水) 19:00
                  ※開演の30分前より受付開始・開場

                  【料金】 500円(1ドリンク&抽選クジ付)

                  予約は始まっています。カメハウスではご予約できませんので、劇場HPからご予約ください。


                  ぽるんと一人芝居作ってます☆いつもと違うぽるんの魅力を出せたらなと思ってます!!
                  是非是非劇場でぽるんの戦いを見てやってください☆


                  宣伝ブログでしたー!!!

                  明日から予約開始ですわよ。(亀井)

                  0
                    超超超超久しぶりに書く。



                    なぜなら?やっと我が家にネットが開通しました!!わーい!!!
                    どうも僕です。



                    ずっと携帯で書こうと思っては携帯は途中で挫折してしまうんですよね。腕痛くなるし。
                    速さが全く違う。いやーすいません。ほんと、何してだって話ですよね。


                    最近はリチャードの稽古と一人芝居の話し合いとかをぽるんとして、あそうそう、明日からチケット発売なんですよね!皆さん観に来てください!
                    なにやら結構すぐ売り切れるらしいので、頑張ってチケットとってください!予約は全て劇場さんが一括してるのでカメハウスに予約されても、「こっちで予約してくださ〜い☆」と誘導しか出来ないので、ごめんなさいですわ。


                    ぽるんが作で僕が演出で、ぽるんが役者って言うなんか変な感じですが出来る限り面白いものを作ってこうと思ってますので。リチャードと平行しての稽古なんでもしかしたらぽるんがリチャードになってるかもしれない。嘘です。わーお。

                    数日前に、昨日かな?昨日だな。最近記憶が・・・
                    ぽるんとみつもりと楽しい事したんです。これはぽるんがしろっとそんブログか個人ブログで多分上げてくれると思うので、それまでは静かにしときます。ハイ。


                    最近はルミエールでお客さんと遠い小屋ばっかりだったので、一人芝居凄く楽しみにしとります!
                    小劇場楽しむのです☆ふふふ。

                    詳細です。ふふふ。
                    -------------------------------------------
                    【開演時間】
                    7/10(火) 19:00
                    7/11(水) 19:00
                    ※開演の30分前より受付開始・開場

                    【料金】
                    500円(1ドリンク&抽選クジ付)

                    【参加ユニット】
                    7/10(火)二次審査ユニット
                    ●上田耽美
                    ●江本祥(ミジンコターボ)×片岡百萬両(ミジンコターボ)
                    ●大牧ぽるん(激団しろっとそん)×亀井伸一郎(カメハウス)
                    ●GA-Ko(劇団野風増)
                    ●岸★正龍×にへいたかひろ(よこしまブロッコリー)
                    ●辻野加奈恵(チャイカ)×外輪能隆(evkk)
                    ●林裕介(劇団自由派DNA)×谷口はるか(悲願華)

                    7/11(水)二次審査ユニット
                    ●浅田武雄×青木道弘(ArtistUnitイカスケ)
                    ●イトウエリ(手のひらに星)×勝山修平(彗星マジック)
                    ●おはぎ(プロジェクト俺の穴)×あんこ(プロジェクト俺の穴)
                    ●黒川猛(THE GO AND MO'S)
                    ●桑原孝史(東京ガール)×上崎陽介(東京ガール)
                    ●斉藤まりえ×オノマリコ(趣向)
                    ●ピンク地底人2号(ピンク地底人)×山本正典(コトリ会議)

                    ※俳優の50音順・プレゼン順は当日開場中のクジ引きで決定!

                    【お問い合わせ】
                    06-6635-1777(劇場)

                    劇場ブログ

                    【チケット予約】
                    https://ticket.corich.jp/apply/37859/

                    7月1日(日)10時より予約受付開始!! 限定80席。


                    です!!!10日に出てます!面白そうな人ばっかりなんで、本番はぽるんを落ち着かせる事に専念します。最近は慌てるぽるんを見ると落ち着く。今度は一緒に慌ててみよう。稽古にならんかな?

                    ふふふ。
                     

                    リチャード始動。(亀井)

                    0

                      今年は半年以上ルミエールばかりにいます。



                      どうも僕です。


                      先日初めてリチャードメンバーと会いまして、チラシの撮影をしてきました。
                      リチャードのチラシは堀川さんが作ってくださるそうで、初めてお会いしたと思っていたら3年くらい前に会っていたようで覚えていてくださいました。
                      人を覚えるの不得意なので、凄いなって思いました。今回も「すいません、お名前なんでしたっけ?」を早速発動してしまった・・・。


                      今回は一緒に芝居するのは初めての人ばっかり。ほんと緊張です。
                      進め方もカメハウスとはまったく違うので新鮮です。本当に演出家として呼んでもらってるんだと少し喜んでいます。

                      なにより役者が凄いですよね。
                      まず、主役が堀江さんなんです。堀江勇気さん。近畿大学の直属の先輩です。僕が一回生だった時の四回生です。喋ったのも数えるほど。あれから、7年くらい経ってるのにこうやって同じ舞台を作れるのは凄く嬉しいです。びっくりしてます。



                      撮影時の堀江さんです。今回の撮影少し変わってて、エチュードしながら撮ったりしたんですよね。
                      堀江さんはリチャードの世界観意識してって言ったのに完全大阪弁でした。他の人が喋ったら「お!なんや!?」とちっちゃく言ってました。イケメンな顔で。



                      そして西出さんですね。いい女優さんです。目が良いです。普段とのギャップにびっくりして、着替え終わった後の西出さん見て「誰!?」ってなりましたね。エチュードでも、凄く良い表情をしていて、「ああ、かっこいい。」と思ってたら堀江さんが大阪弁で笑わしてふいてましたね。その後頑張って、笑わないようにしていた表情が凄くチャーミングでした。



                      谷屋さんです。イケメンですね。シャツが首が太すぎて上のボタンが止まらないという。鍛えすぎです。体も顔もこの人が一番リチャードの世界観の身体してるんじゃないだろうか。堀江さんと谷屋さんはすれ違いで撮影だったんですけど、エチュードで谷屋さんも笑わしにかかってくるので皆大変でしたね。二人が揃わなくて良かった。多分撮影終わってない。笑いすぎて。



                      危ない!!ふぅ・・・危ない。なんか役者紹介みたいになってるじゃないですか!
                      このまま書くと大変時間がかかるし、まだその他の人はあんまり知りませんからね。関係を築けてから書きます。ふぅ、危ない危ない。



                      まあ、とにかく僕がカメハウスで普通にやってて集まるようなメンバーじゃないので楽しみです。
                      そしてリチャード三世はシェイクスピアが今の僕と同い年の時に書いた本らしい。本に負けないように頑張ろうと思った。原作より面白くなりますよ。ふふふ。













                      さあ!台本を書こう!!!


                      銀河アフター文章(亀井)

                      0

                        公演が終わり次の準備に取り掛かっています。


                        どうも僕です。



                        今回の銀河は本当に充実してて、メンバーが凄く仲が良いのですね。ほんとファンタジーが出来るメンバーだったなと。
                        ファンタジーするには技術よりも大切なものがあると今回学びました。途中で気がついて、通しを見た時にやばいと思って皆に言いましたが、ファンタジーするには夢見る子供の心が無いと出来ないんだなーと。
                        いくら綺麗に纏めて、上手く演じたところで夢見るドキドキ感が無いとファンタジーは腐ってしまいます。

                        その点、今回のメンバーはとってもファンタジーだったと胸を張っていえますね。
                        僕が作家として演出家としてまだまだ未熟者なので、お客様にすべて伝えれて無いかもしれませんが、この銀河という公演は本当に良い作品でした。
                        今回の公演、いつものカメハウスと違う、いつものカメハウスと違うと再三言っていますが何が違うのか?と思いますよね?

                        実は今回、ファンタジーだから違うのではなく作品の作り方、演出の仕方を変えた公演だったのです。少し亀井的に実験しました。


                        今までは亀井は完全独裁、作から演出まで全て一滴の濁りも無く他人の意見は排除してきました。亀井の脳内にあるものを如何に表現できるか?ただその一点でした。だから技術が無い役者は表現が出来てないので「こうやって」と僕が見本をやって真似をさせていました。
                        まあ、それも良いしそれで満足いく公演にはなっていました。

                        しかし今回。団員が二人になって、やりながら考えました。舞台ってなんだろうと。
                        色々回りまわって(この辺書くと長いので割愛)舞台ってのは「人」だと亀井なりの結論に至りました。
                        この場合の人ってのは役者然り、観客、そしてスタッフさん、関係者、お手伝いさん、応援してくれてる人、応援してくれてない人、演劇なんて興味ない人、言えば全世界の人々です。
                        それをないがしろにして、亀井の脳内をただ曝け出す行為が演劇なのだろうか?舞台なのだろうか?そして凄くハッピーな舞台を僕は見たい。終わった後、考えさせられて落ち込んで、ただでさえ普段考えることの多い大人達を銀河を見ている間だけは子供に戻してあげたい。

                        そんな意識から演出も作品も書きました。
                        劇中に(聞き取れなかったかもしれませんが)

                        少年ニモ「子供になってるんですから退化ではありませんか?」
                        天馬  「時間に身を委ねるのはウミウシでも出来る。この場合幼くなるほうが進化といえよう。」

                        という台詞があります。そして何度も大人と子供の描写が出てきます。大人になって賢くなって、器用になって、色んなものに感じなくなっていくのは進化なのかと疑問を抱いたのと、子供になるのも良いじゃない!そのためにファンタジーを見ようよ!!という意思も込められています。

                        あ、今回の作品の作り方に戻りますね。
                        今回はたった一つ、譲れないところがありました。役者を演出する。これを絶対するってこと。
                        いつも、僕は世界観を作って、そこにキャラクターを作り上げ、あとは役者に投げっぱなしです。さあ!生きてくれ!!みたいな感じです。

                        でも今回は役者と演出しました。演出したというか役者と喋りました。出来る限り喋りました。
                        演出意図と違うところや、ランタイム的に無理な事はカットしたりこうしてくれと言いましたが、役者とのお喋りは作品にかなり影響しています。
                        なので今回の台本、カメハウス的には初めて何度も書き直しています。第四稿まであります。
                        そして第一稿とはまったく別の作品になっています。


                        簡単に言えば、始めの林檎不動点超高速深海棟?何学科?のシーンは無かったです。
                        他にも泣く泣くカットしたシーンなど含めて29ページ無くなっています。これは完全に退館時間という大人の事情ですが、初めて自分の作品を大きくカットして気づく事もありました。

                        そして、だからこそ今回は特別なのです。
                        今回の公演は、作演出・亀井伸一郎ではなく作演出・銀河メンバーなのです。皆に作ってもらった公演。
                        別に演出会議なんてしてないし、ここの部分どう?とか聞いたわけでもありません。でも僕が皆と喋って感じ取ったもの、気づかされた事をふんだんに盛り込んでいます。多分、同じ公演はもう二度と出来ません。


                        これが舞台の魅力なんだなと、もうそろそろ三年目にして気づかされました。
                        そして舞台の構成は出来るだけ単純にしています。もっと単純に出来なかったのは亀井の実力不足です。目指すところは4歳児が見てもテンションあがる舞台。そして大人も四歳児に戻れる舞台。
                        言わば、この舞台そのものが時空転移装置にしたかったのです。
                        そして役者たちを見て欲しかった。人と人を繋ぐのに難しい構成や難しいダンスは不要でした。


                        大きい舞台に皆も僕も慣れていなかったので、少し手間取りましたがステージ数を重ねるにつれお客さんと繋がれてると思いました。その場で作り上げ、作品が出来上がっていく感じ。
                        今までのカメハウスにはその余白が無かった。亀井がどれだけ仕上げるか、そして役者とスタッフがどれだけ仕上げるか。
                        しかし、今回は亀井が仕上げ、役者とスタッフが仕上げ、お客様が仕上げる。お客の反応によって作品の表情ががらっと変わる。なんたることか。



                        銀河の世界は凄く魅力的で、作家としても演出家としても役者としてもまだまだ関わって生きたい世界です。
                        次の6月のイベントは時銀行をメインにした短編をしようかと考えています。そうならないかもしれませんが。まだ舞台見てないので。

                        そして銀河は4部作です。起承転結の今回は起です。四季にもかけています。今回のテーマは春。次回は夏。それはエンディングのほうの歌の歌詞でも言っています。


                        その樹の下に埋めたタイムカプセルに
                        あたしは10年後に会いに行くのさ
                        君がいなくても春は来て冬に向かう
                        また会う日まで


                        カメハウスは結構訳わかんないと言われますが、探してみてください。色んな所にヒントが隠されています。パフォーマンスにしたってそうです、振りの一つ一つにイメージや意味があって、表現しているものがあって、そしてストーリーが隠されています。
                        言わばカメハウスはミステリーなのです。ストーリーを隠してるのです。

                        なんでって?与えられるだけじゃつまらないでしょ?自分で勝ち取らなきゃ飯にはありつけないでしょ?
                        何気ない台詞や何気ない設定が実は繋がっています。探しにいきましょう、そこにあなたの望むものがあるのなら。



                        そして銀河の第三部までのタイトルは決まっています。全て一話完結だけど、次に繋がっているようにします。続く、じゃなく、終わらない、的な。イメージです。主人公も変わりますし。

                        第二部は「銀河−浸−機械帝国と暁の意志団」です。

                        第三部は「銀河−渦−七人のアリスと黒の隠し帝国」です。


                        まあタイトルは変わるかもしれませんが、構想は完璧に出来ています!!
                        そして多分役者とまた作り上げていくことでしょう。近いうちには出来ませんが、いつか皆さんと一緒に子供に戻れる事を夢見ています。

                        そのためにカメハウスは力をつけます!!!
                        もっとよりよい作品を作るために!!!!



                        皆さん本当にありがとうございます!!!!!これからもカメハウス並びに演劇、舞台をご贔屓に!!!!


                        120515_2358~001.jpg

                        差し入れでお客様からもらった炊飯器。名前は「つっぱり」君。頭がリーゼントみたいだから。
                        米もつっぱってるぜ!!!


                        calendar
                             12
                        3456789
                        10111213141516
                        17181920212223
                        24252627282930
                        31      
                        << December 2017 >>
                        PR
                        ■カメハウスのつぶやき■
                        ■カメハウスHP■
                        ☆カメハウス公式ホームページ☆
                        ↑ここからカメハウス公式HPに行けます!!クリックしてね☆
                        ■カメハウス映像集■随時アップ!
                        ■マクベス映像■

                        ●マクベスCM

                        ●ザ・マクドナルドズ新技「トゥーン!」


                        ■DANCE MASTER関連映像■
                        ●DANCE MASTER CM映像1


                        ●DANCE MASTERオープニング映像


                        ●オマケ映像・松村綾子の食欲


                        ■過去公演関連動画■
                        ●ルカルカ☆ナイトフィーバー踊ってみた。団長ver.

                        他団員の踊ってみたあります☆

                        ●「僕らのノルマンディー上陸作戦、」オープニング映像。

                        映像が見たいというご要望が多かった為、アップしました!
                        是非ご覧ください!
                        selected entries
                        categories
                        archives
                        recent comment
                        recommend
                        links
                        profile
                        search this site.
                        others
                        mobile
                        qrcode
                        powered
                        無料ブログ作成サービス JUGEM